090金融 相談

090金融の被害相談はこちら

090金融の被害相談はこちら

090金融(闇金融)への返済で困っている。
090金融の取り立てが厳しい。
090金融の嫌がらせで困っている。

 

という方もいることでしょう。
そのような方は、このページだけでも読んでください。

 

すぐに相談したい方はこちらの法務事務所に電話してください。
090金融や闇金の被害について無料で電話相談が出来ます。

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685 (通話料無料のフリーダイヤル)
代表司法書士:小宮山博之 東京司法書士会1392号 簡裁訴訟代理関係業務認定501079号

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072 (通話料無料のフリーダイヤル)
代表司法書士:東口昌弘 大阪司法書士会所属 第3524号 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第612367号

 

 

私もかつて、090金融などからお金を借りてしまい、その返済で苦しんだことがあります。1日に何度も電話がかかってきたため、ケイタイの着信音がなる度に怯えていました。また、脅されたこともありました。

 

090金融のほとんどは闇金です。
金利(利息)が高いので、一度借りてしまうとなかなか完済できません。10日に一度の返済日はジャンプ(元本を返済せず、利息だけを払うこと)するだけで精一杯。
そのため、まとまったお金でも入らないかぎり、利子を払い続けることになります。
当然、こんなことを続けていたら、いずれはトビ(返済不能になること)ます。

 

そうなれば、闇金業者の嫌がらせ脅しがはじまるでしょう。
身内に被害がおよぶこともあります。

 

被害の拡大を防ぐため、また、090金融・闇金の問題を解決させるためにはどうすればよいのか?
あなた一人では、かなり難しいでしょう。
一番良い方法は、090金融・闇金の問題に強い人に相談しすること。090金融・闇金の問題解決のプロに相談し、解決してもらうことです。

 

弁護士の中には090金融・闇金の問題に強い方がいます。無料相談もおこなっているので、相談してみましょう。
とにかく、早く相談することが大切です。

090金融・闇金の利子(利息)

私が借りていた頃、090金融・闇金の利子といえば「トイチ」が普通でした。10日に1割の利子が付きます。
お金を借りてから10日後、元金が返済できなければ利子だけ払います。そして、返済日を10日間延ばします。これを「ジャンプ」といいます。
元金が返済できないかぎり、ずっとジャンプし続けることになります。10日ごとに1割ずつ払い続けるわけです。5万円借りていたら、10日ごとに5000円ずつ払います。
1社への返済ならなんとかなるかもしれませんが、他の090金融・闇金業者から借りていたり、消費者金融からの借り入れがある場合は、とても続けられません。
遅かれ早かれ返済不能に陥ることでしょう。
そうなれば、家族や親戚に迷惑がかかることもありえます。

 

090金融・闇金の問題をすぐに解決しましょう。
司法書士の中には090金融・闇金の問題に強い方がいます。
無料相談もおこなっているので、相談してください。

090金融の嫌がらせ

お金を借りるということは大変なことです。
安心できる消費者金融やローン会社などでの借り入れは返済の計画さえたてておけば安心して利用することができます。
でももし、ヤミ金融と呼ばれる悪いところでお金を借りて返済できなくなってしまったら執拗な嫌がらせを受けることになってしまうでしょう。
テレビなどで見たことがあるかもしれませんが、ヤミ金融の取り立てに関する嫌がらせは本当にひどいものなのです。
自分の自宅や職場などに押し掛けるどころか自分の関係のある人たちにまで被害がいく可能性があります。
日中深夜を問わず取り立てをしてきますし、本当に嫌がらせにしか取れないようなことまでしてきます。
ヤミ金融の怖いところはこういった嫌がらせもそうですし利息だってそうなんです。
お金を借り入れた際の返済にかかってくる利息は法律で限度額が決まっていますが、ヤミ金融はその法律で定められている利息を大幅に上回っているのです。
なので一度借りてしまえば返済金額はどんどんと膨れ上がっていってしまうのです。
そして返済できずにひどい嫌がらせを受ける羽目になってしまいます。

一人で闇金と交渉して解決したい

一人で090金融・闇金と交渉して解決したい。

 

そう思っている方もおおいようです。
本人が一人で交渉し、解決できることもあるでしょう。
でも、かなり難しいと思います。
闇金相手に、

 

「すでに元金以上の利息を払っているので、完済ということにしてほしい」
「闇金は違法。返済する義務はない」

 

といっても、逆に対応が厳しくなるだけ。
返済する意思がないと思えば、取り立てを厳しくしてくるでしょう。
勤め先や身内にも電話をかけてきます。

 

やはり、090金融・闇金との交渉はプロに任せたほうがうまくはずです。
弁護士や司法書士のなかには、闇金の対応に慣れた方がいます。
そういった方に任せましょう。
以下の司法書士は闇金問題解決に力を入れています。
相談料は無料なので、090金融・闇金と交渉したいと思っている方は相談してください。

 

090金融や闇金の被害について相談が無料で出来ます。

 

ジャパンネット法務事務所

 

エストリーガルオフィス

090金融・闇金が勤め先に電話をかけてきたらすぐに相談

090金融・闇金への返済が滞ると、はじめは自宅の固定電話やケイタイ電話にかかってきます。
それでも電話に出ない、または出ても返済できないという場合、こんどは勤め先(職場)に電話がかかってきます。
これはけっこうキツイです。
闇金からの電話ということがバレると、同僚の目が変わります。
裏では噂になるはずです。
090金融・闇金融側もそのことをよくわかっています。わかっているからこそ電話をかけてくるわけです。
借り手の痛いところ、弱いところを攻めてきます。

 

その後、090金融・闇金融が勤め先に取り立てに来ることも考えられます。実際に来たというケースもたくさんあります。
でも、最近は勤め先まで来るケースは少ないようです。
とくに小口の融資ではほとんど来ません。
勤め先に取り立てに行けば警察に捕まる可能性も高くなりますし、小口では割に合いません。
なので、電話だけ。ひたすら電話をかけてきます。

 

もし、勤め先に何度も電話をかけてきたり、勤め先にまで取り立てに来たら、以下のところに相談してください。
闇金問題の解決実績が豊富な司法書士の方です。無料で相談できます。

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072 (通話料無料のフリーダイヤル)

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685 (通話料無料のフリーダイヤル)

電柱に貼られている090金融の広告

時折、電柱などに張られている金融業者の広告があります。
基本的にそのような広告の金融業者はヤミ金である可能性が高いと言われています。
広告には貸金業登録番号を分かりやすいところに掲示しなければなりませんが、その広告にしっかりと貸金業登録番号が記載されているかを確認してみましょう。
この貸金業登録番号は金融庁のホームページで検索をすることができますので、この検索でちゃんと登録されている業者かどうかを確認してみる必要があります。
ただし、ヤミ金のなかでも貸金業登録番号を取得している場合もあるそうですので、一概に番号だけで確認が取れるわけではないそうです。
電話番号で判断することもできます。
正規の貸金業者は固定電話の電話番号を記載しなければなりませんが、ヤミ金の場合にはアシの付きにくい携帯電話の番号を記載していることが多いようです。
通常では考えられないような条件でも融資を行うというような誇大広告を打っている場合にもヤキ金業者である可能性が高くなります。
通常であれば借りることが出来ないような条件でも融資が可能というのは正規の金融業者から借入が出来なかった人を囲い込みたいヤミ金の手口です。このような点に注意してみると、電柱に貼られているような広告は殆どヤミ金である可能性が高いといえます。

 

090金融の被害相談

090金融・闇金融の相談は弁護士がいい?

トラブルの相談といえば、真っ先に浮かぶのは「弁護士」です。
法律的なトラブル、金銭的なトラブルの相談ができます。
もちろん、闇金トラブルの相談もできます。

 

しかし、通常は相談すると、「相談料」がかかります。
30分5000円。

 

090金融・闇金融の相談をしようと思い、自宅周辺の弁護士のところへ行くと5000円かかってしまうわけです。

 

けっこうな金額です。
闇金トラブルを抱えている場合、金銭的に困っていることが多いので、5000円という金額は簡単に出せるお金ではありません。

 

しかし、090金融・闇金融トラブルについて、無料で相談できるところがあります。
当サイトで紹介している司法書士に相談してください。
闇金トラブル解決の実績が豊富なので、対応も早いです。

090金融の被害相談は全国対応

北海道・東北

北海道、青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島

関東

東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、栃木

北陸・甲信越

新潟、長野、山梨、福井、石川、富山

東海

愛知、静岡、岐阜、三重

近畿

大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山

中国・四国

広島、岡山、山口、鳥取、島根、徳島、高知、愛媛、香川

九州・沖縄

福岡、長崎、佐賀、熊本、大分、宮崎鹿、児島、沖縄

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ